吉崎クラリネット教室の指導者をご紹介致します。

吉崎めぐみ
(よしざきめぐみ)

クラリネット講師の吉崎より、クラリネットを習いたい方へのメッセージと自己紹介です。

吉崎よりメッセージ

クラリネット奏者の吉崎めぐみです。
この度はホームページにお越しくださりありがとうございます。

「クラリネット吹いてみたいな!」
というはじめてさん

「もっとうまくなりたいな!」
という経験者さん

「音楽したい、大好きなクラリネットもっと自由に演奏したい!」

そんな気持ちにお応えします!

「合奏でもっとかっこよくパフォーマンスしたい」

「苦手を克服したい」

「憧れの先輩のように楽器を自在に操れたらなぁ。」

このような悩みや目標を抱えている人は、それこそが上達のチャンスです!

クラリネットの様々なお悩み。。

「きれいな音を出したい」

「指が回るようになりたい」

「タンギングを速くしたい」

などなど。
レッスンでは小さなハードルをひとつずつ越えていくように、丁寧にご指導いたします。

わたし自身が、中学の吹奏楽部でクラリネットに出会い
「クラリネットという楽器を通して自分の音楽をもっと伝えたい!」
と思ってはいましたが、

自己流ではなかなか上達にも限度がありました。

思い込みで間違ったテクニックを磨いていたこともありました。

そのような回り道をしないで、生徒さんにはぐんぐん伸びていってほしいと思います!

「マウスピースやリガチャーなど、どれがいいのかわからない!」

という方のために、お買い物同行もいたします。

吹奏楽部パートレッスンなど出張レッスンも承ります。

まずはお気軽に、体験レッスンをお試しくださいね!

クラリネットと私との出会い

小学校6年生の終わりごろのことです。
近所に住む2つ年上のお姉さんから「中学校に入ったら吹奏楽部に入らない?入るよね!」と半ば強引に誘われたのがきっかけです。

もともとピアノをやっていたので楽譜は読めましたし音楽はとても好きだったのですが、吹奏楽部って何するところなんだろう?という知識ゼロからの体験入部となりました。

管楽器の名前も、どんな種類があるのかさえも知らずに飛び込んだのですが、人気のあるフルート、トランペット、サックスなどはジャンケン大会で担当者が決まるとのこと!
私は争いごとを好まないので、誰も希望していなく椅子の上にひっそり佇む黒くて長い笛を指差したのです。

こうして名前も知らなかったクラリネットという楽器をやることになりました。

すっかりはまってしまう

クラリネットを始めてからはもうおもしろくておもしろくてやめられなくなりました。顧問の先生に嘆願し、朝練を開始。
朝に夕にと親しんでいました。

とは言うものの、実は最初に渡されたマウスピースだけの練習では誰よりも音が出るのが遅かったです。。。

1年生が使う学校の備品の楽器は、年季の入ったものが多いです。
キーが緑色に変色していたり、ケースを開けると怪しいニオイがしたり。

それでも楽しく練習できていましたが、ある日顧問の先生の勧めでマイ楽器を購入することに。
小学校時代に貯金してあったお年玉を全てつぎ込み、とうとう新品の楽器を手に入れました!
(機種は忘れましたがヤマハのスチューデントモデルで当時の値段で12万円程)

憧れのマイ楽器でますます練習が楽しくなりました。
そのころ流行していたディズニーメドレーIIのクラリネットの嫌な指づかいも出来るまで何度でもチャレンジしました。

吹奏楽コンクールには出場していましたが、楽しく普通に活動していたので銀賞をいただいてもみんなで喜んでいました。
自由曲は、吹奏楽の古典的偉大な作曲家スウェアリンジェン作曲の『栄光の全てに』です。中学時代に演奏できて良かったです。

衝撃を受けた演奏会

こうして毎日毎日クラリネットに親しんで過ごしました。
中学2年生の終わり頃のことです。知り合いに誘われて、とある女子高の吹奏楽部の定期演奏会を聴きに行きました。

雷に打たれるとはあの時のことを言うのでしょう。
ステージではこれまで聴いたこともないような華やかでピシッと揃ったかっこよくて夢のような音楽が奏でられていました。

もっともっとクラリネットを思い通りに操ってたくさんの音楽を演奏したい!と思っていた私は、一緒にステージを観に行った母親に「わたし、この学校に行きたい!」と申し出ました。

進路について保護者と意見が合わず悩んだりケンカしたり苦しんだりする年頃のはずでしたが、まさかの中2で志望校が決まるという先取り人生。

こうして中学校の3年間は今でも付き合いのある仲間との出会いとクラリネットに親しむ日々でした。

いよいよ高校生に

無事に憧れの高校に合格し、入学式を迎えます。
式典が終わり、ちょっと覗かせてもらうつもりで吹奏楽部の練習場へ行ってみました。

チラッと目が合った上級生が声をかけてくださったので「クラリネットやりたいんですが、、自分の楽器も持っています!」と言うとクラリネットの上級生が来てくれました。

エスコートされてついて行くと1年生用の貸出し楽器が準備されていました。
言われるがままにそこで初めて吹いたのが『青い山脈』でした。

今思えば初見力テスト込みの入団オーディションに近いひとときだったようです。
というのも、すでに特技推薦で入部が決まっていたクラリネットの1年生は9名!
なんとか仲間に入れてもらえました。

結局その年のクラリネット1年生は10名で、パート全体では30名を超える大所帯でした!

部員は最大で98名くらいはいたと記憶しています。

いろいろ厳しい人間関係

女子校特有の厳しい人間関係に悩みつつ、練習も厳しかったので毎日ヘトヘト。お箸を持ったまま寝てしまったこともありました。

「なるほど、厳しいとは聞いていたけれどこれは相当だ。。でもあの時のような素晴らしいステージにするためにはやはりこのくらいはしないと追いつけないな」

今だったら、もっとほかのやり方で音楽やクラリネットと関わる方法も見つけられたかもしれませんが、当時は学校という中でしか物事を考えられなかったのでここでがんばろう!と思いました。

Aブラス試験に合格しないと本番に乗せてもらえないため、とにかく早く合格したくて毎日基礎練をがんばりました。
Aブラス試験とは、決まっている音階とエチュードを1曲顧問の先生の前で披露することです。

10名のクラリネット新入生のうち3番目に合格し、上級生と一緒に合奏に出られるようになりました。
6月の中旬だったと思います。

変わった活動方針

当時の母校は吹奏楽コンクールに参加していませんでした。
音楽は競うものではない、というのが前任の先生から引き継がれていたのです。

みんなの目標は「あたたかく、心のこもった音楽を」
お客様に聴いていただく演奏。クオリティに妥協は許されないのです。

定期演奏会ではスペイン奇想曲、展覧会の絵、アイーダなど、オーケストラの曲を演奏しました。

コンサートバンドとしての活動と、さまざまなイベントではマーチングバンドとしても活動していたので本当に充実した高校時代でした。
運動が苦手だったのでマーチングは正直かなり辛かったですが、おかげさまでマーラーの交響曲でベルアップが出てきても全く動じません。

高校3年生、進路について

さて、そんな毎日を繰り返しているうちに高校3年生となりました。
進路を本当に決めなくてはいけない時期です。

わたしはクラリネットの魅力に取り憑かれていました。

職業というよりは極めたいというただそれだけだったのですが、音楽の道へ進みたいと考えるようになっていました。

もっと自由に演奏したい、充分に研究したい、と思ってはいたのですがなかなか言い出せず、悩んでいました。

ありがたいことに両親は反対もせず(あとで聞きましたが学校の先生になるのかと思っていたらしいです。ちょっと違いましたね)、ただ音楽の道についてなにもわからないので知り合いのつてを頼りに慌てて受験に向けて準備を始めたのでした。

運良く先生を紹介していただき、高3の夏を過ぎた頃からやっとクラリネットの個人レッスン、ピアノ、楽典、ソルフェージュなどのレッスンに行き始めました。
要領が良い方ではないので、1度目の受験には間に合わず想定内の浪人生活を経験しました。

引きこもりの時代を経て、翌年は無事に音楽大学に合格し、音楽の道へと進むことになったのです。

吉崎の音楽歴

6歳よりピアノを、13歳よりクラリネットを始める。
練馬区立石神井西中学校卒業。
東京立正高等学校卒業。
中学・高校にて吹奏楽部に所属、クラリネットの魅力にとりつかれ音楽の道へ。
武蔵野音楽大学器楽学科クラリネット専攻卒業。
クラリネットを矢野裕子、兼氏康雄の各氏に師事。
在学中よりクラリネットアンサンブルや木管五重奏など積極的に行う。

2003年より荻窪音楽祭に毎回参加。
2008年城西病院ホスピタリティコンサートにてソロリサイタルを行い、好評を博す。
2015年大泉学園ゆめりあホールにてソロリサイタルを開催。

2011年に結成したクラリネット2本とピアノのユニット『Trio Lapis』トリオラピスではイベントやカフェコンサートなど積極的に活動中。

木管五重奏団『N』メンバー。練馬を中心にこれまでに4回の演奏会を開催。

現在も、ソロ、オーケストラ、室内楽の活動の傍、中学・高校の吹奏楽部クラリネットパートの指導をつとめる。

吉崎の使用楽器とセッティング

B♭管 クランポンR13(中古品により使用年数は不明)
A管 クランポンR13(1998年新品購入)
マウスピース BG2
リガチャー ボナード逆締め 金
マウスピースパッチ ヴァンドレン製 →【2017年2月よりYAMAHAの0.2mに変更】
親指のクッション 有り、透明のチューブ製
リード 2016年初めまではヴァンドレンLepic56の3番
2016年秋ころからヴァンドレン V21の3番

吉崎の趣味

《好きな本》
推理小説、3月のライオン

《好きな映画》
魔女の宅急便、シーモアさんと大人の人生相談

《好きな演奏家》
エルンスト・オッテンザマー(clarinet)
レ・ヴァン・フランセ(木管アンサンブル)
ウィルヘルム・バックハウス(piano)