こんにちは!
吉崎めぐみです。

先日、練馬区にお住いの高校1年生の女の子(Hさん)が体験レッスンにお越しくださいました。

レッスン会場はご自宅から通いやすい場所にあるスタジオワイズです(西武新宿線 武蔵関駅より徒歩1分)。

当日はお母様とご一緒にいらっしゃいました。

体験レッスン受講のきっかけ

体験レッスンに申し込まれたきっかけは、

「高校入学まで音楽経験のない娘さんが吹奏楽部に入りクラリネットの担当になったけれども、周りに教わる環境がない中でがんばっているので吹き方をきちんと習った方が良いのでは?」

とお母様のご提案だそうです!

8月に体験にいらした東久留米の中学1年生のお母様も、独学の限界を感じられたとのこと。
お二人ともとても熱心なお母様ですね!

↓その時の記事はこちら。
体験事例〜東久留米市より中学1年生の女の子 – 室内オーケストラ部で活動開始!

同級生に追いつきたい!

周りのお友達は中学校からの楽器経験者ばかりで、バリバリ吹いているようです。
Hさんは不安ながらも一生懸命ついていこうとがんばっています。

同級生たちがとても面倒見が良いようで、きっとお手本となってくれているのでしょう。
Hさんはクラリネット歴がまだ半年くらいですが、とても素直で豊かな響きをしていてびっくりしました!

しかしやはり曲を吹くとなるとさまざまな技術が必要となり、特にタンギングの仕方に苦手意識があるようでした。

息を流すことを意識してもらったところ、なんと飲み込みの早い!すぐに雑音もなくきれいになりました。

タンギングはマウスピースによっても変わる!

Hさんはすでにマイ楽器をお持ちです。ビュッフェクランポン社のR13という機種です。

これは世界中でアマチュアからプロのオーケストラプレイヤーまで使用しているスタンダードモデルです。
明るい音色と、響きの豊かさが特徴の素晴らしい楽器です。

こちらを購入すると、クランポンの付属マウスピースも入っています。
実はこれ、クラリネットのマウスピースとしてはあまりメジャーではないんです。

大抵の場合、楽器購入と同時にヴァンドレンのマウスピースを楽器に合わせて選びます。

↓おすすめのマウスピースについてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。
クラリネット初心者におすすめのマウスピースとその選び方

左からRICOレゼルヴXO、ヴァンドレン5RVライヤー、BG2(廃盤)。
写真では伝わりづらいですが、RICOとBGは若干細身に出来ております。

せっかくなので、Hさんにも私のおすすめの5RVライヤー(写真の真ん中)を試奏してもらいました。

「とても息が入りやすいので吹きやすいです。響きもより感じられるように思う!」

との感想をいただきました。
息の通りはタンギングのし易さに直結することなので、新調の際はぜひおすすめしたいです。

ちなみに、リードの選択1つで改善することもあるんですよ!

6月に練馬区から体験にいらした中学1年生の新入部員の女の子は、自分に合ったリードをつけただけでタンギングがスムーズになりました。

↓詳しい流れはこちらの記事でご紹介しています。
体験事例~少しのアドバイスで格段に改善!中学1年生の新入部員Mちゃん(練馬区より)

タンギングなど特定のお悩みについても体験レッスンでチェックできます!

Hさんは勉強や部活との両立も可能な月2回のコースにご入会いただけました。
これからますます技術も音色も磨いていって、お友達と楽しく演奏してほしいと思います!

体験レッスンでは試奏も出来ます

今回は、練馬区からお越しの高校1年生の体験レッスン事例をご紹介しました。(会場:西武新宿線 武蔵関駅スタジオワイズ)。

当教室では、楽器をお持ちでない方には体験レッスンの時のみ楽器のレンタルをしております(クランポンR13)。

また、ご自身の楽器をお持ちの方でもご希望の方にはR13やマウスピース5RVライヤーの試奏も承ります。

ご購入を迷われている方も、ぜひ一度体験レッスンにお越しくださいね。
お問い合わせお待ちしています!