こんにちは!
吉崎めぐみです。

今日は初心者さんにおすすめのマウスピースについてです。

私が生徒さんに必ずおすすめしているのは、ヴァンドレン(リードもたくさん作っている会社)の5RVライヤーというものです。

初心者さんからプロ奏者まで幅広く使われている定番中の定番モデルです(商品詳細はこちら)。

なんだ、誰でも同じことを言うなと思いましたか?
そこで、おすすめする理由を考えてみます。

  • 息の使い方を学ぶ初心者さんに最適な重すぎない吹き心地。
  • 長く続ける中で「基準」となる中庸モデルである。
  • 定番のリードを合わせやすい(ヴァンドレンのトラディショナル青箱の3や3半など)

安定するまでは基準モデルで親しもう

クラリネットを吹く、ということをある程度当たり前に出来るようになるまでは同じものを使用してほしいと思っています。

合う、合わないなどは好みの問題も大きいです。また顔や顎の細いひとには、ヴァンドレンよりも細身な作りのものが合う場合もあります。

しかしほとんどの場合5RVライヤーで問題なくクラリネットライフをスタートさせることが出来ます。

変化をつけたいと思ったらリードを変えてみよう!

もしどうしても変化を望むときは、マウスピースを替えるよりリードの番手やメーカーを変えてみるほうをおすすめします。

わりと変化を感じやすいですし、もし思ったものと違っても痛手が少なくてすみます。

↓リードひとつで格段に変化があった生徒さんをこちらの記事でご紹介しています。
体験事例~少しのアドバイスで格段に改善!中学1年生の新入部員Mちゃん(練馬区より)

研究熱心な方は、マウスピースについて少し調べると様々なメーカー、品番があることをご存知だと思います。

それぞれ「太い音が出る」「柔らかくふくよかな音色」「高音が出しやすい」など魅力的な言葉が並んでいるのが目に入りますね。

しかしそれらは、あくまでも傾向であり保証するものではありません。
しっかりと吹き方が安定し、自分のスタイルが出来たら好みに合わせて選ぶときの指針にしてください。

クラリネットを始めて1〜3年くらいでしたら、ぜひ「基準」をマスターしてほしいと思います。

マウスピースも必ず試し吹きを!

また同じ5RVライヤーといってもお店にある一本一本、本当に微妙ではありますが吹奏感の違いがあります。

これをクラリネット界では「個体差」と呼び、自分に合った一本に巡り会うため試奏をすることになります。

この「個体差」があるために、マウスピースは消耗品と言えどもネット通販で購入するのは少し考えた方が良いですね。

クラリネット本体やリードにも個体差があります!
次の記事も合わせてご覧ください。

↓楽器本体の個体差については
クラリネット選定時の試奏のポイント

↓リードについては
リードの育て方と注意点

ちなみに、先日生徒さんと楽器店へマウスピースの選定に行った際は5RVライヤーだけで10本出していただきました。

その中でこれなら!というものは1本。

もちろんその他の9本が粗悪品だったということではなく、その方に合ったものが1本だったという話なので念のため。

いかがでしたか?
クラリネットのマウスピースは楽器本体と同じくらいあなたの音を左右する大切な大切なパーツです。

お買い物に不安がある方、試奏から選定までご相談にのりますよ!
ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。